オフィスにおいてコピー機を使うときは、いろいろな両面印刷ができるものを利用します。時間が短縮されます。

オフィスのコピー機を利用して思うこと
オフィスのコピー機を利用して思うこと

オフィスで使うコピー機は両面印刷ができるタイプ

本や新聞は両面に印刷されています。
表が1ページであれば裏が2ページのようになっています。
1枚の用紙で2枚分の情報を出力できるのですから、エコといえるかもしれません。また、2枚で収まる内容なのであれば、用紙1枚で済ませることができます。
紛失であったり、どちらかがなくなることがありません。プリンタで印刷するときは、まず片面を印刷して、そして用紙を裏向けてから再度印刷することがあります。
上下を間違えないようにします。

1枚や2枚であれば、手作業で両面の印刷をすることはできます。
でも何らかの資料において、これを何枚も行うとなるとかなり大変になります。
大変なだけでなく、その機械を一人で占領してしまうことになります。
オフィスにおいて使っているなら、多くの人で均等に利用しなければいけません。コピー機において、両面で印刷をするのであればどうすればよいかです。

プリンタで印刷するのと同様に1枚1枚行わなければいけないなら困るところです。

機種によって異なりますが、両面印刷することが可能なものがあります。
もともと両面のものを、同じように両面印刷可能なものがあります。
その他にも、元々2枚になっているものを、両面印刷でまとめる事が可能なものもあります。
更には、表に2枚分の印刷、裏に2枚分の印刷で、4枚の印刷物を1枚に縮小して印刷することもできます。
通常パソコンでないと出来ないと思っていたことが、こちらの操作だけでできてしまうことがあります。

おすすめ情報